阪神 2連勝で貯金2 矢野監督ナイン称える「いいゲームになりました」

[ 2019年5月22日 22:21 ]

セ・リーグ   阪神3―2ヤクルト ( 2019年5月22日    甲子園 )

<神・ヤ>ヤクルトに連勝してナインを迎える矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

  阪神が2連勝。カード2戦目で勝ち越しを決め、貯金を2とした。

 2回に梅野の3号ソロで先制。4回にはバレンティンに10号ソロを浴び同点とされたが、7回に糸井が2死三塁から中前適時打を放ち、これが決勝点となった。続く大山の左前打にバレンティンの失策も絡み、この回もう1点を加えた。

 今季2勝目を狙った阪神先発の岩田は勝ち星こそつかなかったが、6回1失点と力投し試合をつくった。2番手の藤川が今季2勝目。ドラフト1位ルーキーの近本は2盗塁を決め、セ・リーグ単独トップの13盗塁となった。

 矢野監督は「持ち味のゴロを打たせるいう粘りというのがね。よくやってくれましたね」と先発の岩田を高評価。接戦を勝ちきり「粘りというかね。打線も最後はいいところで打ってくれたんでね。いいゲームになりました」とナインを称えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月22日のニュース