西武・山川 20号一番乗り!パ日本人最速43戦目で到達

[ 2019年5月22日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7-6ソフトバンク ( 2019年5月21日    那覇 )

7回1死一、二塁、左越え本塁打を放つ山川(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 西武・山川穂高内野手(27)が21日のソフトバンク戦で7回に20号3ラン。両リーグ20号一番乗りを果たした。

 チーム43試合目での到達は79年マニエル(近鉄)に並ぶ5位タイ。パの日本人選手では最速となった。

 山川は昨年に続き2年連続での20号最速到達。2年連続は02、03年のローズ(近鉄)以来で日本人では97、98年の松井秀喜(巨人)以来21年ぶり。西武では西鉄時代の53~55年に3年連続で記録した中西太以来64年ぶりとなった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月22日のニュース