大谷 右手薬指に投球直撃でもん絶、指揮官「少し腫れ」22日欠場か

[ 2019年5月22日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス1―3ツインズ ( 2019年5月20日    アナハイム )

<エンゼルス・ツインズ>8回、空振り三振した際、右手薬指にボールを受けバットを放り出す大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルス・大谷が20日(日本時間21日)、ツインズ戦の8回の4打席目に空振り三振した際、右手薬指に投球を受けた。当たった瞬間、バットを放り投げてもん絶。ブラッド・オースマス監督や水原一平通訳らが駆け寄り、球場は一時騒然とした雰囲気となった。

 オースマス監督は「エックス線検査の結果、大丈夫だった。腫れが少しある」と説明。幸い骨に異常はなかったが、左腕ロジャーズが内角に投じた93マイル(約150キロ)のツーシームにバットを振りながら直撃した衝撃は計り知れなかった。

 大谷は初回に四球を選んで連続試合出塁を8に伸ばしたが、その後は3打席連続で空振り三振。1試合3三振は今季ワーストだった。さらに4番シモンズも左足首を捻挫して途中交代し、3、4番が相次いで負傷した。大谷は21日(同22日)にチームドクターの診察を受ける予定。指揮官は「(シモンズより)大谷の方が早いうちに戻れるのではないか」と見通しを語ったが、21日(同22日)のツ軍戦は欠場する可能性が高い。(アナハイム・柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月22日のニュース