日本ハム投壊13失点…3連敗で5位転落 栗山監督「選手たちは一生懸命やっている」

[ 2019年5月22日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3-13楽天 ( 2019年5月21日    札幌D )

日本ハムの先発投手・金子は3回4失点で降板(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは投手陣が計13失点で今季2度目の3連敗。4月23日以来の借金1となり、5位に転落した。

 先発の金子、バトンを受けた吉田侑、藤岡らも大量失点。打線もつながりを欠いた。栗山監督は「選手たちは一生懸命やっている。それを生かしきれていない。しっかりやります」と責任を背負った。

 22日の同戦先発はリーグトップタイの5勝を挙げている有原だけに、悪い流れを変えたいところだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月22日のニュース