巨人ドラ1・高橋 地元登板が雨天中止「投げたいという気持ちはありました」

[ 2019年5月22日 05:30 ]

地元ひたちなか市での試合が中止となり、帰路に就く高橋(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト1位・高橋は、地元・ひたちなか市で登板予定だった21日のDeNA戦が雨天中止となり「投げたいという気持ちはありました」と話した。22日にスライドし、昨季の新人王・東と2度目の投げ合いとなる。

 6日のDeNA戦では7回2失点で東に投げ勝ち、3勝目をマーク。「しんどい試合になると思うんですけど、良い投球をしてチームを勝たせられるように」と意気込んだ

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月22日のニュース