アストロズ サイン盗みで罰金の可能性 相手ベンチを動画撮影

[ 2018年10月17日 18:15 ]

アストロズのヒンチ監督 (AP)
Photo By スポニチ

 米国ボストンのメトロ紙(電子版)は16日、アストロズが相手のサインを盗む目的で球団関係者に動画を撮影させていたと報じた。

 同紙によると13日に行われたア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦において、アストロズの球団関係者がレッドソックス側のカメラマン席に入り、ダッグアウトの様子を撮影、さらに頻繁にメールを打つ姿が目撃されていたとのこと。取材許可証を所持していなかったため、球団関係者はセキュリティーにカメラマン席から出るように指示されたという。

 大リーグ機構はこの一件を把握しているそうで、ESPN(電子版)はアストロズに罰金が科される可能性があると伝えている。また、アストロズはインディアンスとのア・リーグ地区シリーズにおいても同様にダッグアウトを動画で撮影していた疑いがかけられており、クリーブランドの地元メディアはインディアンスが大リーグ機構に抗議していると報じている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月17日のニュース