今季3発だったのに…ブルワーズ・アーシアPS男弾 6戦3発

[ 2018年10月17日 05:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第3戦   ブルワーズ4―0ドジャース ( 2018年10月15日    ロサンゼルス )

ドジャース戦の7回、2ランを放つブルワーズのアーシア=ロサンゼルス(AP=共同)
Photo By 共同

 ブルワーズのオルランド・アーシアがポストシーズン男を襲名だ。15日(日本時間16日)の第3戦で2点リードの7回、ドジャースの右腕ビューラーから「直球だけ待っていた」と試合を決定づける2ラン。97マイル(約156キロ)を右越えに運んだ。ベンチでは興奮気味にナインとハイタッチ。2勝1敗と白星を先行させた。

 兄のオズワルド(登録名アルシア)は今季日本ハムでプレーし、CSファーストSで打率・333。レギュラーシーズンで3本塁打の24歳遊撃手の弟は、今ポストシーズン6戦3発だ。「(打席では)早めに足を地面に下ろすこと、球種を見極めることに集中している」。クレイグ・カウンセル監督は「スポットライトが当たると活躍する」と目を細めた。お祭り男に乗せられて、チームの勢いも加速しそうだ。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年10月17日のニュース