新井さんも気持ち一緒「後輩たちと一日でも長く」

[ 2018年10月17日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルS第1戦   広島―巨人 ( 2018年10月17日    マツダ )

打撃練習を終えて、笑顔を見せる新井(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島・新井はCSファイナルS開幕前日でも泰然自若だった。すでに今季限りでの現役引退を表明しているが、練習態度や周囲との接し方を見る限り、最後の悲壮感はまるでない。「気持ちは一緒。大事な戦いが待っているからじゃないの」と言って笑った。

 それでも、本拠地で行われた全体練習の合間には、珍しいシーンが見られた。グラウンド上で鈴木、会沢と約30分間にわたって会話。「世間話よ、世間話」とけむに巻いたが、明日のカープを背負う選手たちにDNAを伝授したのかもしれない。

 自身は、10月3日のDeNA戦で代打に立って以来、2週間ぶりの実戦。ブランクを懸念する声には「心配を言えばきりがない」と笑い飛ばし、「やることはやった。準備はしっかりできた」と言葉に力を込めた。

 相手は巨人。アドバンテージの1勝があるだけに、初戦を取れば、がぜん有利になるが、酸いも甘いも知るベテランは「あまり初戦、初戦と力を入れ過ぎないように。どの試合も大事」と説き、その上でこう強調した。

 「バットで貢献し、かわいい後輩たちと一日でも長く野球がしたい。最後までしっかりやってファンに喜んでもらえば…と思う」

 ここ一番での勝負強さは健在。相手先発によってはスタメン起用もありそうだ。20年間の集大成。大団円へ、まずはG倒に集中する。(江尾 卓也)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月17日のニュース