西武・山川 “獅子の熱男”宣言「高校野球ばりの試合を」

[ 2018年10月17日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第1戦   西武―ソフトバンク ( 2018年10月17日    メットライフD )

フリー打撃を行う山川(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 燃えている。負けたら終わり、の短期決戦。西武の4番・山川は「高校球児ばりの試合をしたい。高校野球といえば熱い戦い。より熱くいきますよ!」と声を大にした。ソフトバンクの「熱男」こと松田宣にも負けない「獅子の熱男」宣言だ。今季47本塁打で初タイトルに輝いたそのバットで、本拠地を熱く燃え上がらせる。

 「ソフトバンクはめっちゃ強い。チャレンジャーの気持ちでいきます」。多和田とともに9、10月の月間MVPをダブル受賞。沖縄・中部商、富士大の後輩とは3、4月に続く同時受賞となった。ともに沖縄出身で「誇りに思う。沖縄出身の野手では、僕が先頭に立ちたいと思っていた。もっとアピールしたいんです」。CSこそが、そのための絶好の場。「相当、熱くなると思いますよ」。アグーはめらめらと燃えている。 (鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月17日のニュース