【西武CSキーマン】獅子おどし打線の供給源 源田粘り強さ発揮だ

[ 2018年10月17日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第1戦   西武―ソフトバンク ( 2018年10月17日    メットライフD )

西武の源田
Photo By スポニチ

 浅村、山川の3、4番で251打点を叩き出す獅子おどし打線。得点の供給源となるのが1、2番コンビだが、特に2番・源田がキーになりそうだ。

 今季、ソフトバンク戦の打率.210は同一リーグの球団別では最も低い。一方で9、10月は打率.325と好調をキープ。クリーンアップへのつなぎ役として源田が粘り強さを発揮できれば、おのずと得点のチャンスは増える。辻監督も短期決戦を前に打線のポイントを「全員だけど、1、2番の出塁が鍵」と指摘する。プロ1年目の昨年から2年連続フルイニング出場を果たし、今季はチームトップの34盗塁を果たした。足と堅守も含めて辻野球に欠かせない不動の遊撃手の活躍が、10年ぶりの日本シリーズ進出を引き寄せる。(西武担当・春川 英樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月17日のニュース