カーショー ドジャース残留かフリーエージェントか オプトアウト行使「まだ決めていない」

[ 2018年10月17日 20:14 ]

ドジャースのクレイトン・カーショー投手 (AP)
Photo By スポニチ

 ドジャースのクレイトン・カーショー投手(30)が16日、シーズン終了後に手にするオプトアウト(契約破棄)の権利について、現時点で行使するか決めていないと話した。

 カーショーは過去に数々の個人タイトルを獲得するなど、大リーグを代表する左腕投手。ドジャースとは2014年から7年総額2億1500万ドル(約241億円)の契約があるが、今季終了後にオプトアウトの権利を行使し、フリーエージェントとなることもできる。

 シーズン終了後の動向が気になるところだが、オプトアウトの行使について問われたカーショーは「まだ決めていない。ただ、ワールドシリーズ終了後の10日間は忙しくなるはず」とだけ話し、それ以上は口を閉ざしていた。

 昨季は18勝を挙げ、自身3度目の最多勝に輝いたカーショー。ただ、ここ数年は背中の故障に悩まされており、今季は9勝止まり。それでも、フリーエージェントとなれば、市場の目玉となり、争奪戦が繰り広げられることだろう。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年10月17日のニュース