【巨人CSキーマン】負けられない“兄弟ゲンカ”田中俊の足に期待

[ 2018年10月17日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルS第1戦   巨人―広島 ( 2018年10月17日    マツダ )

フリー打撃をする田中俊(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 日立製作所からドラフト5位で巨人に入団した新人・田中俊が攻撃の鍵を握る。

 ヤクルトとのファーストSでは2試合とも「2番・二塁」で先発出場を果たした。特に初戦では初回に四球で出塁し、次打者の初球でいきなり二盗。岡本の右犠飛で先制のホームを踏むと、16年から8連敗中だった相手右腕・小川を動揺させた。勝利を呼び込むプレーに、高橋監督を「(盗塁は)俊太の思い切りの良さが出た」とうならせた。2試合で計3安打2盗塁。社会人野球出身者で短期決戦での場数は踏んでおり、大舞台での活躍ぶりが光っている。広島とのファイナルSでは兄・田中広輔との兄弟対決にも注目が集まる。好調の1番・坂本勇と、クリーンアップにつなぐ大事な役回りを全うするはずだ。(巨人担当キャップ・川出 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月17日のニュース