西武・外崎「100%に近い状態」もベンチスタート

[ 2018年10月17日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第1戦   西武―ソフトバンク ( 2018年10月17日    メットライフD )

三塁でノックを受ける外崎(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 左腹斜筋の張りで戦列を離れていた西武・外崎は、第1戦ではベンチスタートとなる。前日まで宮崎でのフェニックス・リーグで試合に出場し、この日の練習から1軍に合流。

 「プレーに関しては100%に近い状態でできている」と話したが、辻監督は「(スタメンは)今のところ考えていない」とし、まずは代打や代走、守備固めでの起用になる見込みだ。内外野を守れるキーマンは「しっかり準備して臨みたい」と力を込めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月17日のニュース