ドジャース・グランダル最悪 PS3度目捕逸

[ 2018年10月17日 05:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第3戦   ドジャース0―4ブルワーズ ( 2018年10月15日    ロサンゼルス )

ブルワーズ戦の9回、満塁の好機に三振に倒れ、ベンチに戻るドジャースのグランダル(9)。中央はロバーツ監督
Photo By 共同

 ドジャースは正捕手グランダルが第1戦に続き精彩を欠いた。

 6回2死三塁でワンバウンドのスライダーをはじいて2点目を許すと、8回には今シリーズ3個目の捕逸。打席では好機で2度の空振り三振を喫して地元ファンに大ブーイングを浴び「ボール球に手を出してしまっている」と悔やんだ。デーブ・ロバーツ監督は「彼にとってタフな日だった」と渋い表情。前田は7回に一度ブルペンで準備したものの、4点ビハインドとなり出番は訪れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月17日のニュース