由伸巨人「挑戦者らしく」…下克上へ坂本も阿部も同じ気持ち

[ 2018年10月17日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルS第1戦   巨人―広島 ( 2018年10月17日    マツダ )

高橋監督(中央)が自らアップ中に阿部(左)坂本勇(右)に歩みより、言葉をかわす (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 巨人・高橋監督の視線はみじんの迷いも感じさせなかった。マツダスタジアムで約3時間の全体練習を行い、最終調整を終えた。チームの合言葉となった「挑戦者」の気持ちを胸に前だけを見た。

 「こちらは失うものはない。崖っ縁からはい上がってきた身。思い切ってぶつかりたいと思います」

 3日に今季限りでの辞任を表明したが、チームはそこからレギュラーシーズン含め4連勝中。勢いづいてここまで来た。特に2連勝で突破したヤクルトとのCSファーストSでは、短期決戦仕様のタクトで初戦を制した。

 「ファーストSと違い2試合3試合ではない。ただ先ばかり見てもしようがない。目の前の勝負を何とか取っていくのも大事」。初戦は5回2死二塁での上原投入や、7回に適時打となった陽岱鋼(ヨウダイカン)のヒットエンドランなど積極的に仕掛けた。シーズン中は動を好まず、「静」に徹してきた。「当然状況によってになると思う。できることはやっていきたい」と手は緩めない。

 初戦の大切さは痛いほど分かっている。リーグ優勝した広島がアドバンテージの1勝を持つ。「勝てばイーブンに持っていけますし、負ければ2つリードされる」。ペナントレースは借金4で終えたが「最後まで挑戦者らしくぶつかりたい。選手に迷いなくやってもらえれば」。勢いはどのチームよりもある。

 主将の坂本勇が「僕らはチャレンジャー。試合勘や勢いは僕らの方がある」と話せば、阿部も「俺らは挑戦者だから」。指揮官と選手たちは異口同音、迷いは感じられない。広島には今季7勝17敗1分けと大きく負け越し、敵地では2勝9敗1分け。屈辱の詰まった地で失敗を恐れぬミッションが始まる。 (後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月17日のニュース