コイ党・谷原章介 背番号14で始球式 無念の一球に「当てたらダメと思っていたら…」

[ 2018年10月17日 18:33 ]

<セCSファイナルS広・巨>始球式を行う谷原章介(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 カープファンで知られる俳優の谷原章介(46)が17日、マツダスタジアムで行われたプロ野球セ・リーグのクライマックス(CS)ファイナルステージ第1戦、広島―巨人戦で始球式を務めた。

 「元々、津田さんが好きで、大瀬良さんがその背番号を受け継いだので」と、偶然にもこの日の先発・大瀬良と同じ背番号14のユニフォームでマウンドに立った。投球はノーバウンドながら打者・坂本の背中後方へと大きく逸れた痛恨の一球。「当てたらダメと思っていたらいっちゃった…。この前はど真ん中にいったのに」と無念の表情を浮かべた。コイ党とあって、「今年は新井さんが最後で、衣笠さんも亡くなられた年。CSは通過点ですので、日本一に向かって突っ走ってもらいたい」とエールも忘れなかった。

 始球式前には、同県福山市出身の小林克也(77)が国歌独唱を行った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月17日のニュース