【ソフトCSキーマン】打線つなぎ役 地元・埼玉で見せる中村晃100%

[ 2018年10月17日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第1戦   ソフトバンク―西武 ( 2018年10月17日    メットライフD )

ソフトバンクの中村晃
Photo By スポニチ

 日本ハムとのCSファーストS全3試合で安打を放ったソフトバンク・中村晃が、ファイナルSでも打線の鍵を握る。

 西武・菊池に対しては今季5打数2安打、打率.400、多和田に対しても7打数4安打、打率.571と打ち込んでいる。2本塁打を放ったファーストSでは1、2戦目が3番、3戦目は6番に座った。4番の柳田につなげる役割だけでなく、5番・デスパイネの後ろでポイントゲッターもこなし、藤本打撃コーチは「晃はずっと状態がいい」と太鼓判を押す。昨季も楽天とのファイナルSで2戦連続決勝弾を放つなど、短期決戦での勝負強さは実証済み。さらに、メットライフドームは今季12試合で打率.370。地元・埼玉で大暴れが期待される。(ソフトバンク担当キャップ・川島 毅洋)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月17日のニュース