西武 源田だ!浅村だ!2死から連続タイムリーで逆転

[ 2018年10月17日 19:05 ]

パ・リーグCSファイナルS第1戦   西武―ソフトバンク ( 2018年10月17日    メットライフD )

<西・ソ>3回2死三塁、中前適時打を放つ浅村(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(S)は17日、メットライフドームで第1戦(6試合制)が行われ、リーグ優勝の西武と同2位でCSファーストSを勝ち上がったソフトバンクが対戦。西武は0―1の3回に源田と浅村の連続適時打で2―1と試合をひっくり返した。

 1死から金子侑が遊撃内野安打、2死となったものの、源田がバンデンハ―クから右中間を破る三塁打で同点。浅村も中前適時打で続き、逆転に成功した。

 西武は先発・菊池が初回に柳田の適時打で1点を先制されたものの、3回までこの1点に抑えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年10月17日のニュース