ソフトB武田 プロ最短3回6失点KO チームは2カ月ぶり連敗

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<ロ・ソ>3回6失点と打ち込まれた武田(左)

パ・リーグ ソフトバンク2-7ロッテ

(8月8日 QVC)
 ソフトバンク・武田が3回6失点と打ち込まれ、6月12、13日の広島戦以来となる連敗を喫した。

 初回に中村から先頭打者アーチを浴びて、3回には4安打と2四球で5失点。3回終了での降板はプロ4年目で最短で、初の10勝目がお預けとなった右腕は「切り替えるしかない」と前を向いた。カード負け越しも同じ広島戦までさかのぼる。工藤監督は「一つ二つ負けて暗くなる必要はない」と泰然とした構えを崩さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース