阪神・岩崎、328日ぶりの今季初勝利に「すいません」連呼

[ 2015年8月9日 20:46 ]

<D・神>力投する阪神先発の岩崎

セ・リーグ 阪神3―2DeNA

(8月9日 横浜)
 阪神の岩崎が昨年9月15日のヤクルト戦以来328日ぶりとなる今季初勝利をマーク。チームの首位キープに貢献した。

 初回、梶谷に左前打を浴びたが、2回から6回までは5イニング連続で無安打に抑え、DeNA打線に対して6回0/3で100球を投げ、2安打2四球5奪三振で無失点。7回、先頭の梶谷に投じた99球目が高めに浮いて顔をしかめ、続く100球目を梶谷に中前へ弾き返された場面で緊急降板となったが、11カ月ぶりとなる今季初勝利に「すいません。遅くなりました、すいません」とファンに謝罪した後で「何も望まず、1回1回投げ切るつもりでいた。点を取ってもらっても自分は何も望まず、1回、1回…それだけです」と謙虚に振り返った。

 9回は守護神・呉が打ち込まれ、最後は1点差でのヒヤヒヤ勝利。だが、それについての質問については答えず「チームが勝ってくれたので、それに貢献できてホッとしてます」と控えめな笑顔を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース