早実・清宮見たさに電車始発から混雑「こんなに多いのは珍しい」

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<早実・今治西>7回1死二塁、早実・清宮は右前適時打を放つ。スタンドは観衆でぎっしり
Photo By スポニチ

第97回全国高校野球選手権第3日・1回戦 早実6―0今治西

(8月8日 甲子園)
 甲子園には早朝から大勢のファンが詰めかけた。最寄りの甲子園駅を持つ阪神電鉄によれば「始発(梅田駅発午前5時2分)から8割くらいの乗車率だった。こんなに多いのは珍しい」。

 6時過ぎには途中駅から乗り込めないほどのラッシュとなり、入場券を求めて並ぶ行列は駅まで延びた。開門は通常よりも40分早い6時20分。試合前の7時35分には満員通知が出された。観衆4万7000人は準決勝以降を除けば昨夏の1回戦、大阪桐蔭―開星以来。この日は第2試合で敦賀気比―明徳義塾の好カード、第3試合では地元関西の高校が登場することもあって、大観衆につながった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース