マー君、今季2度目の中4日へ自信「うまく調整はできている」

[ 2015年8月9日 03:23 ]

ヤンキース・田中

 ヤンキース・田中将大投手は先発する9日(日本時間10日午前2時5分開始)のブルージェイズ戦に備えて、キャッチボールやショートダッシュなどで前日調整を終えた。

 田中は8勝目を挙げた前回4日のレッドソックス戦から、今季2度目となる中4日での登板。前回中4日で投げた4月23日のタイガース戦は、その後に右手首の腱炎と右前腕の張りを訴え、故障者リスト入りした。

 7月31日のトレード期限を前に、ブ軍はタイガースのエース左腕プライスや、ロッキーズの主砲トロウィツキー、フィリーズのリードオフマン・リベアらを次々と獲得。多くの若手有望株を交換要員で放出したが、後半戦に勝負をかけてきた。7日まで6連勝で、その時点で首位ヤンキースには3・5ゲーム差に迫るなど猛追。ア・リーグ東地区の行方を争う大事な一戦となる。

 ――相手のブ軍はもともと強力打線だった上に、大型補強をしたが?

 「開幕戦以来の対戦ですし、顔ぶれも変わっている。でも全く対戦したことのない打者ばかりではないので、イメージはある。それと、自分の状態や状況を考えながら、投げることができればなと思います」

 ――ア・リーグ東地区の優勝を争う2球団の対戦。意味合いや、気持ちも違ってくると思うが?

 「相手はやはり勢いがある。順位はこちらが今は上にいますが、まだまだ分からない戦いの中なので。全力でやっていくことに変わりはないが、チーム一丸となって勝利をつかみにいきたい」

 ――今季2度目の中4日での登板となるが?

 「中5日の登板間隔で投げてきた中でも、中4日でも行くぐらいのコンディションづくりを意識しながらやってきた部分もある。いざ中4日で、と迎えると気持ちも変わるし、そういった部分ではうまく調整はできているとは思う。試合で結果が出なければいろいろ言われても仕方ないですけど、調整自体はうまくいっていると思います」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース