広島・松山 頼もし全2打点「マエケンのためにも打ててよかった」

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<巨・広>8回1死、松山が左中間に勝ち越しホームランを放ち迎えられる

セ・リーグ 広島2-1巨人

(8月8日 東京D)
 2日のDeNA戦(横浜)以来の先発出場となった広島・松山が、全2打点を叩き出した。

 3回に先制の右翼線二塁打を放つと、1―1の8回は1死から左中間へ決勝の4号ソロ。「ずっと援護できていなかったので、マエケンのためにも打ててよかったです」。新井との併用で、右投手限定での起用が続きそうだが「任されたところでやるだけ」と頼もしかった。

 ▼広島・中崎(危険球退場の悪夢を払しょくする17セーブ目)怖がらず、強い球を投げることを意識しました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース