岩隈 好投手ハメルズに投げ勝った 7回3失点で自身3連勝

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<マリナーズ・レンジャーズ>3勝目を挙げた岩隈(AP)

ア・リーグ マリナーズ4―3レンジャーズ

(8月7日 シアトル)
 マリナーズの岩隈が7日(日本時間8日)、レンジャーズ戦に先発し7回6安打3失点で3勝目を挙げた。

 「粘り強く投げて、最後は逆転してもらってすごくよかった」

 フィリーズからレ軍に加わった好投手ハメルズとの投げ合い。立ち上がりは苦しんだ。2回2死一、二塁から左翼手トランボがライナーをグラブに当てながら捕れず2失点。際どい球をファウルで粘るレ軍打線に2回まで52球を要した。だが3回以降は「相手がより積極的に打ちに来るとある程度、分かっていた。いいボールは行っていた」と果敢にストライクゾーンで勝負。4回に暴投により3点目を失ったが、5回から3イニングは1安打無失点。「(相手の打ち気を)うまく利用して低く丁寧にということで7回まで投げきることができた」。3回以降の5イニングは66球とまとめた。打線が同点の6回にクルーズ、カノの連続ソロで勝ち越し。メジャー最多の118球が報われた。

 チームの借金は8だが自身3連勝で岩隈が先発した6試合は5勝。「問題なく投げられた。これを続けていきたい」。岩隈は満足感を漂わせた。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース