マエケン感謝9勝目 降板直後に松山V弾!救援陣も踏ん張った

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<巨・広>7回1失点の力投を見せた前田健

セ・リーグ 広島2-1巨人

(8月8日 東京D)
 雄叫びを上げ、大きくグラブを叩いた。7回1死一塁、広島・前田健はカーブでアンダーソンを狙い通りの遊ゴロ併殺に仕留めた。この時点では1―1の同点。球数は104球だったが、次回は中5日で先発するため、この回での降板は決まっていた。すると、直後の8回に松山の決勝弾が飛び出した。

 「リリーフ陣や松山さんに勝ちを付けてもらいました。勝ちが付けば、気持ちも楽になるし、良かったと思います」

 7月10日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、約1カ月ぶりの勝利。前回31日のDeNA戦(横浜)は今季最短2回6失点でKOされたが、同じ過ちは繰り返さない。9勝目はハーラートップタイだ。

 前夜は味方投手陣が12回で21三振を奪い、巨人3連戦に先勝した。前田健も序盤から最速151キロの直球を主体に投球を組み立て「きょうはあまり良くなかった」という宝刀スライダーも恐れず、決め球として使用した。1点リードの5回2死、小林にスライダーを左翼席に運ばれたが「自分は自分の投球に徹するだけでした」と動揺することはなく、それ以外は三塁すら踏ませなかった。

 原爆投下から70年の節目となった今年8月6日。その前日、前田健は広島市の平和記念公園を訪れ、犠牲者の冥福を祈っていた。自身のブログにはこう記している。

 「今できている当たり前のことに感謝しないといけない。平和な日々 野球ができる喜び マウンドにあがれる喜び たくさんの人が応援してくれている事に感謝を」

 深い感謝の思いを胸に、マウンドに立ち、エースの役目を果たした。

 巨人に連勝し、4位に浮上。首位・阪神とは3・5ゲーム差だ。一丸となって突き進む赤ヘル軍団。その先頭に前田健が立っている。 (桜井 克也)

 ▽前田健と甲子園(PL学園=04夏06春)同校では桑田以来となる1年夏の甲子園登板を果たすも初戦敗退。3年春は4番・エースとして4強に導く。真岡工との1回戦では16奪三振、秋田商との準々決勝では本盗に成功した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース