福井大会決勝の再現!敦賀気比 サヨナラ男が明徳止めた

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<敦賀気比・明徳義塾>延長10回2死満塁、中前にサヨナラ打を放つ敦賀気比・篠原

第97回全国高校野球選手権第3日・1回戦 敦賀気比4―3明徳義塾

(8月8日 甲子園)
 敦賀気比が史上8校目の春夏連覇へ劇的に発進した。延長10回2死満塁で、主将の篠原がサヨナラ打。夏の甲子園初戦16連勝中だった明徳義塾の不敗神話も粉砕した。殊勲の男は「チームが一つになって、僕まで回してくれた」と照れた。

 序盤で3点リードされる展開。しかし、6回に林中の大会2号ソロで反撃を開始し、8回に松本の適時打で追いつく。押せ押せムードの10回。1死から6番の松本が四球を選ぶと、東哲平監督から“珍指令”が出た。

 「(1番打者の)篠原まで回せ」。福井大会決勝の福井工大福井戦。3点差を追いついて持ち込んだ延長10回に、篠原がサヨナラ打を放っていた。全く同じ展開。篠原の勝負強さに懸けた。

 主将も最初は力んだ。しかし、3球目に空振りした勢いでベンチを見ると、目に入ってきたのは仲間の笑顔。すると力が抜けて、視野が広がり、一、二塁間が狭く二遊間が広くなっていたことに気づいた。5球目。8回2死一、二塁で空振り三振を喫したスライダーを狙って目線を下げ、センターへとはじき返した。

 験担ぎもした。初優勝したセンバツで、開会式で選手宣誓をしたのが篠原。大会期間中は、短歌「グランドに チームメートの 笑顔あり 夢を追いかけ 命輝く」を含めた宣誓文を、毎朝ナインの前で篠原が披露していた。その儀式がこの日朝、復活。笑顔の大切さを思い出した。

 エース・平沼が序盤で3失点しながら、4回以降は無失点と修正能力を発揮。篠原は「平沼が頑張っていたので、早く決めたかった」と言った。難敵を撃破しての船出。東監督は「こういうゲームをものにすると次につながる」と先を見据えた。 (水口 隆博)

 ▼敦賀気比・松本(センバツ準決勝の2打席連続満塁弾男は福井大会の不振を脱して3安打)なぜか甲子園は投手のボールがよく見えます。

 ▽無失策試合 1回戦の敦賀気比―明徳義塾で記録。今大会初。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース