巨人・高木勇 報われず7勝7敗五分に マエケンと投げ合い

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<巨・広>8回2失点の巨人先発・高木勇はベンチで唇をかむ

セ・リーグ 巨人1-2広島

(8月8日 東京D)
 前田健と投げ合った巨人先発の高木勇は、8回2失点の好投も援護に恵まれず、7勝7敗の五分となった。

 試合前時点で対左の被打率が.274と右の.186に比べて1割近く高い右腕に対し、相手は左打者をスタメンに5人起用。その一人の松山に3回2死一、二塁で右翼線適時二塁打、同点の8回1死では左中間最深部に決勝ソロを許した。「同じ打者に打たれ、勝ち越しを許してしまい悔しいです」と責任を感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース