佑ちゃん 粘投5回2失点で先発メド 栗山監督「次も投げさせる」

[ 2015年8月9日 05:34 ]

<日・楽>サヨナラ打を放った大谷(左)に水をかける先発の斎藤

パ・リーグ 日本ハム4-3楽天

(8月8日 札幌D)
 中継ぎから先発に再転向し、6月27日以来の1軍登板となった日本ハム・斎藤は5回を5安打2失点。1点ビハインドの状況で降板したが、先発として最低限の役目は果たした。

 「中継ぎをやったことで収穫は多かった。カウント球としてフォークを使えることも、中継ぎをやって分かったこと」。直球で積極的に内角を攻め、フォークを駆使する新たなスタイルを見せた。

 午前中には甲子園で母校・早実が初戦突破。「球場に行く準備をしながらテレビで見ていた。勝った瞬間、もの凄いプレッシャーを感じた」と告白したが、「お互いに注目してもらえることは、めったにない」と最後は重圧をプラスの力に変えた。早実とのダブル勝利はならなかったが、栗山監督は「前に進んだ。次も投げさせる」と及第点。14日からの楽天3連戦(コボスタ宮城)で再び先発マウンドに上がることが有力だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース