祝吉オリオンズ 延長8回裏4点差逆転

[ 2015年8月9日 05:30 ]

高円宮賜杯第35回全日本学童軟式野球第2日・2回戦 祝吉オリオンズ(宮崎)5―4日高軟式野球クラブ(愛媛)

(8月8日 神宮)
 祝吉オリオンズ(宮崎)が4点差をはねのけて逆転サヨナラ勝ちした。0―0のまま、無死満塁から攻撃する特別延長に突入。延長8回に4失点も、その裏に5点を奪った。

 2死一、二塁でサヨナラ右前打を放った藤田龍(6年)は「(打球が)落ちた瞬間は“やったあ!”と思った」。創部40年目で初の全国の舞台。「最後まで諦めず、全力でこの場面を楽しめ」と選手を鼓舞した山元朋宏監督(45)も満足顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース