青木 完璧4号ソロ 日米通算1500試合出場自ら祝う

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<カブス・ジャイアンツ>8回無死、右越えにソロ本塁打を放つ青木(AP)

ナ・リーグ ジャイアンツ3―7カブス

(8月7日 シカゴ)
 ジャイアンツの青木が自ら祝砲を放った。日米通算1500試合出場となったカブス戦で、5回の守備から出場。4号ソロなど2打数2安打1打点と気を吐いた。

 先頭で迎えた8回、ハンターの94マイル(約151キロ)の外角直球を右翼席へ。「久しぶりに完璧な当たりだった。いいスイングができた」。6回の打席でも左腕レスターから遊撃内野安打し「ここ最近なんか違うなとずっとモヤモヤしていた。結果もついてきたしよかった」と吹っ切れた表情を見せた。「きょうはタイミングをしっかり取り戻していた。あしたは先発させる」とブルース・ボウチー監督。ワイルドカードを争うカ軍相手に手痛い連敗だったが、青木の存在感が光った。 (石井孝尚通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース