オリ吉田一 8回途中3失点も援護なし、今季ワースト2安打零敗

[ 2015年8月9日 19:25 ]

<オ・西>力投するオリックス先発の吉田一
Photo By スポニチ

パ・リーグ オリックス0―9西武

(8月9日 京セラD)
 オリックスの吉田一は8回途中まで3安打3失点と力投した。3回は2死一塁から自らのけん制悪送球で走者が三進。続く脇谷の適時打で先制を許し「先に点を取られないのが投手の役目」と反省したが、福良監督代行は「よく頑張った」とねぎらった。

 打線は今季ワーストタイの2安打に封じられ、またしても吉田一を援護できなかった。5四球と不安定だった西武のルーキー高橋光を捉えられず、福良監督代行は「前半で攻略できれば。やっぱり立ち上がりだね」とため息をついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース