下関商・森元 完投&延長11回サヨナラ打「最後はもう気合でした」

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<下関商・白樺学園>サヨナラ勝ちしベンチを飛び出す下関商ナイン

第97回全国高校野球選手権第3日・1回戦 下関商4―3白樺学園

(8月8日 甲子園)
 雷鳴のために56分間の中断を挟んだ試合の決着は、ナイター照明の下だった。下関商が古豪の執念を発揮。3―3の延長11回2死二塁、森元が中前へサヨナラ打を運んだ。20年ぶりの出場で校歌を聖地に響かせた。

 「最後はもう、気合でした。神様がくれたチャンスだったと思います」と森元。投げても4回表終了後の中断後は調子を上げ、139球で11回を投げ抜いた。中断の間に「この状況を楽しめ」とナインに伝えた佐々木大輔監督の期待に応えたエースは「初の甲子園でナイター、中断を経験できて良かった」とひょうひょうと言ってのけた。

 甲子園出場を決める前、63年春に全国優勝、夏も準優勝した当時のエースで、元西鉄の池永正明氏がグラウンドへ激励に訪れた。メンバーはほぼ幼少時からの顔見知りという「オール下関軍団」が、快進撃に出る。

 ≪42年ぶり1日3戦連続延長≫8日の甲子園は第2試合から3試合連続で延長戦となった。夏の甲子園で1日に3試合連続延長は、73年第2日第2~4試合(1回戦)で
高松商 2X―1取手一 11回
作新学院2X―1柳川商 15回
銚子商 1X―0岡山東商12回
となって以来42年ぶり。作新学院・江川はこの試合で23奪三振。翌日第1試合まで大会記録の4試合連続延長戦となった。2日間での連続を含めると、81年第9~10日(3回戦)の3試合連続以来。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月9日のニュース