バイアスロン男子 井佐が4大会連続五輪 女子4選手も発表

[ 2013年12月15日 05:30 ]

 日本バイアスロン連盟はソチ五輪代表として男子の井佐英徳と女子の鈴木芙由子、小林美貴、中島由貴、鈴木李奈(いずれも自衛隊)の5選手を発表した。

 37歳の井佐は02年ソルトレークシティー五輪から4大会連続の出場。女子は前回バンクーバー五輪に出た鈴木芙を除いて初出場となる。サマー日本選手権の結果で代表候補を絞り込み、今季W杯などの成績で選考した。代表は18日に札幌市内で記者会見する。

 ▽男子

 ◆井佐 英徳(いさ・ひでのり)02年、06年、10年五輪代表。新潟・小千谷西高出、自衛隊。1メートル70、71キロ。37歳。新潟県出身。

 ▽女子

 ◆鈴木 芙由子(すずき・ふゆこ)10年五輪代表。秋田・米内沢(現秋田北鷹)高出、自衛隊。1メートル62、58キロ。24歳。秋田県出身。

 ◆小林 美貴(こばやし・みき)日大出、自衛隊。1メートル52、54キロ。26歳。新潟県出身。

 ◆中島 由貴(なかじま・ゆき)13年世界選手権代表。新潟・十日町総合高出、自衛隊。1メートル54、49キロ。23歳。新潟県出身。

 ◆鈴木 李奈(すずき・りな)北海道・美幌高出、自衛隊。1メートル60、60キロ。23歳。北海道出身。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース