早大、後半に地力も反省 垣永主将「精神的なおごり出た」

[ 2013年12月15日 16:48 ]

全国大学ラグビー選手権第2ステージ 早大48―18京産大

(12月15日 瑞穂)
 早大は後半に5トライを奪い、地力を示した。ただ、風下の前半は京産大の激しい防御に手を焼いて自陣でのプレーが大半。後半開始直後には17―18と逆転される苦しい展開だった。

 ラインアウトからの強力なモールと展開力で挽回したとはいえ、主将のプロップ垣永は「タックルなど根本的なところで精神的なおごりが出た」と反省。先制トライをマークした日本代表のFB藤田も「まだまだ甘いということ。連係がよくないし、次に修正したい」と渋い表情だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース