竹内は予選落ち スノボW杯パラレル回転

[ 2013年12月15日 01:34 ]

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は14日、イタリアのカレッツァでパラレル回転が行われ、前日のパラレル大回転で2位に入った女子の竹内智香(広島ガス)は予選21位で、上位16人による決勝トーナメント進出を逃した。

 男子の吉岡健太郎(上富良野連盟)は予選24位で落選した。

 女子はキャロライン・カルブ(カナダ)、男子はシルベン・デュフール(フランス)が優勝した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース