骨折から強行出場の坂爪 最終日勝負「力を示したい」

[ 2013年12月15日 05:30 ]

坂爪(手前から2人目)

スピードスケート ショートトラック・ソチ五輪代表選考会第2日

(12月14日 大阪プールアイススケート場)
 9月に右すねを骨折しながら強行出場している坂爪がペースをつかんできた。1000メートルは準々決勝敗退だが、1500メートルは7~12位を決めるB決勝に進出して8位。

 「きのう(13日)よりは体が動くし、スピードも上がった。インから(前の選手を抜きに)いける回数が増えた」と手応えを口にした。6戦4勝だった9月の全日本距離別の貯金が効いて総合得点は現在も首位。「点数は持っているけど、ちゃんと力を示したい」と最終日の奮闘を誓った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月15日のニュース