東洋大 設楽弟・悠太も有終V誓う 卒業後別々の実業団へ

[ 2013年12月15日 05:30 ]

仲良くストレッチする双子の兄で東洋大主将の設楽啓太(左)と弟の悠太

第90回箱根駅伝

 設楽ツインズの弟・悠太は今季、東洋大副将として啓太を支えてきた。「競技への意識が高くなり、練習でも先頭に立って走るようになった」結果、日本で初めて兄弟そろって1万メートル27分台をマーク。

 全日本大学駅伝後に右ふくらはぎを痛めてジョギングしかできない時期もあったが、現在は順調に調子を上げている。来年は別々の実業団チームへ進むため、箱根が兄弟で走る最後のレース。「来年からは啓太に負けたくないという気持ちが強くなると思う」と笑った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月15日のニュース