スピード長谷川が金1号 冬季ユニバ第4日

[ 2013年12月15日 09:29 ]

 ユニバーシアード冬季大会第4日は14日、イタリア北部のトレントなどで行われ、スピードスケート男子500メートルで長谷川翼(日大)が2回合計1分11秒00で優勝し、今大会日本勢初の金メダルを獲得した。

 フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)で上野沙耶(関大)は55・79点で2位につけた。鈴木真梨(東北福祉大)は7位。ノルディックスキーのジャンプ男子個人ノーマルヒル(HS106メートル、K点95メートル)で小林潤志郎(東海大)は101メートル、96メートルの合計255・6点で4位だった。

 カーリング女子の1次リーグで日本はイタリアに勝ったがスイスに敗れ、通算3勝2敗。アイスホッケー男子で1次リーグC組の日本はカザフスタンに1―3で敗れ2連敗となった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース