“松山の代役”松村 片山にイジられた「松村の活躍が鍵」

[ 2013年12月15日 05:30 ]

「松山に代わって出場する松村に期待」と片山(前列左)に紹介され苦笑いする松村(後列左)

 男子、女子、シニアの3ツアー対抗戦「日立3ツアーズ選手権」は15日、千葉・平川CCで行われる。14日に会見が行われ、左手痛で欠場する男子の松山英樹(21=東北福祉大)に代わって出場が決まった松村道央(30=吉野電化工業)は主将の片山晋呉(40=フリー)にイジられタジタジ。

 「山が村になった。松村の活躍が鍵になる」とハッパをかけられ、「松山の代打でこんなにプレッシャーがかかるとは。頑張ります」と苦笑いを浮かべた。それでも、優勝した10年大会でMVPを受賞し、今年5月の中日クラウンズでは松山を振り切って優勝した男が期待に応えるはずだ。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース