500で強さ見せた坂下「メダルを取るまでが使命」

[ 2013年12月15日 21:04 ]

ソチ冬季五輪代表選考会最終日

(12月15日 大阪プールアイススケート場)
 坂下はこだわりを持つ500メートルで強さを見せた。全日本距離別と合わせ、1位が2度、2位が2度。「五輪に行けるのはうれしいが、メダルを取るまでが使命。取れると信じている」と力強かった。

 前回のバンクーバー五輪では代表入りを逃し「今とは精神面は違う。甘かった」と話す。昨季は右足首の骨折でワールドカップ(W杯)に出場できず、代表として戦う責任感を強くし「身が引き締まる思い。一から練習して、最後まで速さが持続するように鍛えたい」と誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース