男子が3年ぶり5度目優勝 日立3ツアーズ選手権

[ 2013年12月15日 17:20 ]

優勝した男子チーム。左から小平智、藤本佳則、片山晋呉、小田孔明、池田勇太、松村道央

 国内プロゴルフの男子、女子、シニア各ツアーの賞金ランク上位選手らによる団体対抗戦、日立3ツアーズ選手権は15日、千葉県平川CCのイン9ホール(男子3588ヤード、シニア3499ヤード、女子3186ヤード、パー36)で各チーム6選手が参加して行われ、片山晋呉、池田勇太らの男子が21・5点で3年ぶり5度目の優勝を果たし賞金3000万円を獲得した。

 井戸木鴻樹、室田淳ら前年優勝のシニアが4点差の2位、森田理香子、比嘉真美子ら女子が15点で3位だった。男子の松山英樹は左手のけがで欠場。

 賞金の20%が東日本大震災で親を亡くした子供たちを支援するために寄付される。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース