モーグルW杯開幕戦 上村&遠藤が3位に入る

[ 2013年12月15日 00:58 ]

女子モーグルで3位に入り笑顔の上村愛子(右)

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は14日、フィンランドのルカでモーグル第1戦が行われ、女子は5大会連続の冬季五輪となるソチを目指す34歳の上村愛子(北野建設)が3位に入った。

 男子で昨季のW杯種目別6位の遠藤尚(忍建設)も3位となった。西伸幸(白馬ク)は決勝の1回目で7位にとどまり、6人で最終順位を争う2回目に進めなかった。

 女子はハナ・カーニー(米国)、男子はミカエル・キングズベリー(カナダ)が制した。

 女子の村田愛里咲(行学学園教)星野純子(リステル)岩本憧子(中京大)、男子の四方元幾(愛知工大)田中陸也(サンガリア)堀島行真(岐阜第一高)吉川空(ニセコB&J)山口卓也(白馬ク)は予選落ちした。

 ▽上村愛子の話 すごく良かった。きょうはプラスに考えられることが多い。自信になる

 ▽遠藤尚の話 表彰台を狙っていたので良かった。ソチ五輪につながっていけばいい。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース