男子1500で大和田8位 冬季ユニバ第5日

[ 2013年12月15日 23:38 ]

 ユニバーシアード冬季大会第5日は15日、イタリア北部のトレントなどで行われ、スピードスケート男子1500メートルで大和田真(北翔大)はトップと2秒67差の1分50秒47で8位、近藤太郎(専大)は13位だった。女子500メートルの黒岩美生(日体大)は2回合計1分21秒01でトップと1秒98差の8位となった。

 アルペンスキーの女子スーパー大回転は新井真季子(法大)の21位が最高だった。バイアスロンの男子10キロスプリントで田中北人(東農大)は50位、女子7・5キロスプリントの古谷沙理(自衛隊)は30位に終わった。

 カーリング女子の1次リーグで日本はロシアに4―9で屈し、通算3勝3敗とした。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース