酒井、伊藤が全種目出場 ショートのソチ五輪代表決定

[ 2013年12月15日 16:53 ]

ショートトラックのソチ冬季五輪代表に選ばれた(前列左から)伊藤亜由子、酒井裕唯、桜井美馬(後列左から)清水小百合、坂下里士、高御堂雄三、坂爪亮介、菊池萌水

 日本スケート連盟は15日、スピードスケート・ショートトラックのソチ冬季五輪代表として男子の高御堂雄三(トヨタ自動車)や女子の酒井裕唯(日本再生推進機構)伊藤亜由子(トヨタ自動車)桜井美馬(東海東京証券)ら計8人を発表した。4人は2大会連続の代表で、酒井と伊藤は3000メートルリレーを含む女子全4種目に出場する。

 五輪代表は次の通り。

 【男子】500メートル 坂下里士(トヨタ自動車)▽1000メートル 高御堂、坂爪亮介(タカショー)▽1500メートル 高御堂、坂下、坂爪

 【女子】500メートル 酒井、伊藤、桜井▽1000メートル 酒井、伊藤、清水小百合(中京大職)▽1500メートル、酒井、伊藤、桜井▽リレー 酒井、伊藤、清水、桜井、菊池萌水(早大)

 ▼高御堂雄三の話 前回(の五輪)は精神力で負けて、力を発揮できなかった。ソチでしっかり借りを返したい。得意の1500メートルでまずは決勝に進みたい。

 ▼坂下里士の話 五輪に行けるのはうれしいが、メダルを取るのが使命。身が引き締まる思い。500メートルでメダルを取るのが目標だし、取れると信じている。

 ▼坂爪亮介の話 出場できるチャンスを得られ、うれしい。本番までにリハビリと練習を同時進行でやることになる。右脚に力がより入るようにしたい。出るからにはメダルを狙う。

 ▼菊池萌水の話 選ばれるか分からず緊張もしたし、不安もあった。リレーの補欠での選出なので、いつでも戦力になれるようにコンディションを整えたい。

 ▼酒井裕唯の話 代表に選ばれ、素直にうれしいのと、ほっとした気持ちの両方がある。これからが勝負。ここ2シーズンは世界との差を感じたけど、まだ戦えると信じている。

 ▼伊藤亜由子の話 まだ通過点。安心感はあまりない。前回は出場することができて、満足してしまった。今回は代表になるのが目標ではなく、五輪での活躍が目標。

 ▼清水小百合の話 初めての五輪でとてもうれしい。4年前に出場を逃し、その悔しさが自

 ▼桜井美馬の話 出場が決まり、ほっとする思いと、身の引き締まる思いが両方ある。前回は五輪がどんな舞台か分からないままで成績も振るわなかった。今度はよかったと思えるようにしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース