金山英勢、五輪枠獲得の見通し リュージュW杯得点で

[ 2013年12月15日 17:04 ]

 リュージュのワールドカップ(W杯)第5戦は14日、米ユタ州パークシティーで行われ、男子1人乗りの金山英勢(札幌学院大)は合計1分34秒853の30位で、W杯得点ランキングは43位となった。国際リュージュ連盟関係者によると、15日時点の同ランキングで決まるソチ冬季五輪出場枠を日本が確保する見通しとなった。

 日本の五輪代表候補は1人しかおらず、枠を獲得すれば金山の初の五輪出場が決まる。金山は北海道出身の23歳。今回のW杯には、予選を兼ねた下部大会のネーションズカップを通過して今季初めて出場した。

 ▼金山英勢の話 小学5年生で始めて、まさかここまで来るとは思っていなかった。何年も五輪を目指してきたが、あまり実感がない。ソチのコースは自分に合う。目標は20番。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース