5連覇目指す帝京大 危なげなく準決勝へ前進

[ 2013年12月15日 17:12 ]

全国大学ラグビー選手権第2ステージ 帝京大78―5関西学院大

(12月15日 花園)
 大会5連覇を目指す帝京大は78得点で危なげなく2次リーグ2連勝とし、準決勝進出へ前進。岩出監督は「いい集中力で最後まで頑張った」と選手をねぎらった。

 最初の得点は前半15分までお預けだったが、その後は試合終了まで攻め続けて計12トライを挙げた。さまざまな選手を試しながらチーム力の向上に努める指揮官は「積み上げをしながら上まで上がりたい」と涼しい顔で前を見据えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース