デンソーが大会新で初V 前回2位の悔しさ晴らす 全日本実業団女子駅伝

[ 2013年12月15日 14:34 ]

<全日本実業団対抗女子駅伝>ガッツポーズしながらゴールするデンソー・浅羽加代

 全日本実業団対抗女子駅伝は15日、宮城県松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場までの6区間、42・195キロで27チームが走り、前回2位で涙をのんだデンソー(三重)が大会新記録の2時間16分37秒で初優勝を果たした。

 最終6区で上位争いがもつれ、2位には前回優勝のユニバーサルエンターテインメント(千葉)が入った。3位は天満屋(岡山)。

 1区ヤマダ電機(群馬)、2区デンソー、3区積水化学と目まぐるしくトップが代わる激しいレース展開となったが、4区で再度デンソーがワイムリの区間新記録の快走で首位に。5区のエース高島由香が安定した走りを見せ、最終6区は世界選手権に2度出場した浅羽(旧姓杉原)加代が堅実に走りゴールした。

 2連覇を目指したユニバーサルエンターテインメントは1区で13位と出遅れると、4位まで追い上げたが5区の那須川瑞穂が振るわず、6区でデンソーを猛追したが、連覇はならなかった。

 初優勝を狙ったダイハツ(大阪)は5区で世界選手権マラソン4位の木崎良子が区間新記録で3位に押し上げたものの、6区で失速し4位に終わった。

【順位】1位デンソー 2時間16分37秒
2位ユニバーサルエンターテインメント 2時間18分41秒
3位天満屋 2時間18分49秒
4位ダイハツ、5位積水化学、6位九電工、7位大塚製薬、8位ヤマダ電機、9位第一生命、10位スターツ、11位ホクレン、12位ノーリツ、13位しまむら、14位キャノンAC京都、15位ワコール、16位豊田自動織機、17位パナソニック、18位三井住友海上、19位日立、20位京セラ、21位十八銀行、22位資生堂、23位シスメックス、24位TOTO、25位肥後銀行、26位ユタカ技研、27位愛知電機

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース