東レ、新鋭退け頂点に 米山主将「勝ち切れてよかった」

[ 2013年12月15日 18:55 ]

5大会ぶり7度目の優勝を果たし、喜ぶ東レの選手たち
Photo By スポニチ

バレーボール全日本選手権決勝

(12月15日 東京体育館)
 男子の東レはプレミアリーグ初昇格で勢いに乗る新鋭ジェイテクトをフルセットの末に下した。米山主将は「ここまで競るとは思っていなかったが、最後まで粘って勝ち切れてよかった」と大きく息をついた。

 主砲エルナンデスに対し、的を絞ったブロックで効果的に封じた。いら立ちや疲労感をあらわにしたエースだけに頼らず、速攻も交えた相手を堅守と多彩な攻撃でねじ伏せた。米山は「3冠を目指している。勢いをつけて頑張っていきたい」と昨季は3位だったリーグでの躍進を誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース