ウッズ兄「ジョーク」で逮捕 勤務先ビルに爆破予告

[ 2013年12月15日 05:30 ]

 米男子ゴルフのタイガー・ウッズ(37)の異母兄、アール・ウッズJr容疑者(58)が、勤務先のビルを爆破すると虚偽の予告をした疑いで逮捕されていたことが13日、分かった。ロイター通信などが伝えた。「ジョークだった」と反省の態度を示し、既に釈放されているという。

 米アリゾナ州フェニックスの警察によると、アール容疑者は12日、勤務先の州当局が入るビルに電話し「爆弾を持っている。ビルを爆破する」と脅した疑い。約100人が避難した。

 共同電によると、捜索の最中に現れたアール容疑者は自分が電話したと認め、同僚たちが自分のジョークを真に受けるとは思っていなかったと話した。

 アール容疑者の娘は、昨年6月にプロデビューしたゴルファーのシャイアン・ウッズ(23)。タイガーのめいにあたり、タイガーと同様、祖父のアール・ウッズ氏(タイガーの父、06年死去)からゴルフの手ほどきを受けた。アール容疑者はアール・ウッズ氏が前妻との間にもうけた息子で、タイガーとは年齢が21歳も離れている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース