体操女子選手に対する暴力で送検 JOCスタッフを解除

[ 2013年12月15日 23:20 ]

 日本体操協会の渡辺守成専務理事は15日、体操女子選手に対する暴力的指導で大阪府警捜査1課が同府泉大津市にある羽衣クラブの女性コーチを傷害容疑で書類送検したことを受け、このコーチに日本オリンピック委員会(JOC)強化スタッフからの解除を通告したことを明らかにした。

 渡辺専務理事は「強化スタッフは国からの助成金で活動している。書類送検されたことを重く受け止めている」と説明した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月15日のニュース